について

一緒にカフェでお茶を楽しんでいるとき、「私たち、周りのみんなにはどんな恋人同士に見えるかな」と恋人に囁いてみよう。

このような質問をかけられた男性は、狼狽するよ。

いわゆる「犬好きで犬タイプ」の人は、まわりからすれば好き嫌いといった感情が大変分かりやすい方です。

恋する人がいる場合、間髪入れず交友のある人に分かってしまうことも。

「浮気することもできないのに、バカじゃないの?」これほどのむごい言葉を彼氏に向かって口に出すと、その彼氏は「この野郎!ほかの女とできてやるよ!」と自分の心の中で腹をくくる。

甘い「愛しています」のバックには通常の場合「私のことを愛してください」が入っている。

愛というのはお互いに慈しむふりをしながらでも、実情は反対に奪い合うものなのである。

よくある例では、遠く離れたところから親しくなりたい女の人を呼んでみてください。

早足で近づいてきたり、走って近づいてきてくれたら、好意の気持ちを持たれているのぞみがかなりあるでしょう。



えつよだけどなぜ