について

「今度は行きたいところに食事に行こうね」と尋ねて、「いつかそのうちイケたらいいと思うよ」と誘った相手から返事が送信されたら、ほぼ成功する可能性はゼロに近い。

デートの最後、帰り際は、余韻を残したままにして、最も離れたくない盛り上がった場面で無理にでも離れると、次回も何回でも一緒に行きたいなという気持ちにさせるものである。

カフェの中でお茶を楽しんでいるとき、「私とあなたの関係って、どう見えるかな」と恋人に囁いてみよう。

この彼女の大胆な言葉を投げられた男性は、驚いてどぎまぎすること間違いなし。

恋人づくりのために忘れてはならないとっても大事なワザは何ですかと問い合わせられたら、私は即座に、気を抜けないところをとらえる事と回答したい。

第二も同じ、第三も結局それだ。

「今の時代の若者は求めれば何でも手に入れることができるから〜だ」と多くの人に言われる。

けれども、望めば何でも手に入る」というのは大きな誤解だ。

本当に素晴らしい彼氏あるいは夫、そして彼女あるいは妻は通常はお目にかか\xA1
れない。



あつえねこさんと転職ができなくて泣いた