について

なんとペットの話で、相手の自慢の部分を探ることが可能。

ペットは飼い主に似るもので、飼い主にとっては、ずっと飼っている動物は飼い主の分身とも言える存在という意外な結果ということです。

意中の人に使ったり(お金、心身的にも時間的にも)すれば男も女もつぎ込んだ相手を好きになるものである。

そこで終わらず、強引に好きにならざるを得なくなること間違いなし!女の人は身体的な評価は希望しているものではありません。

むしろその点よりも、ちょっとしたおしゃれ、がんばっていることをスマートに絶賛されると女性は満足することがしばしばある。

聞き分けのないことばかり言う「ギャル系ですという女性」は異性からは好感をもたれない人が少なくない。

「二人の時間も、振り回されて、ヘトヘトになる」という固定概念があることが多いため。

カフェなんかでコーヒーを飲んでいるとき、「私たちって、どんな二人に見えてるのかな」と唐突にあなたの恋人につぶやいてみよう。

そんな質問を聞いた彼氏は、かなりあわてるのに違いない。