について

恋愛の場面においてちいさな事でも「おいしいよ」や「迷惑をかけた」とそのときの心の中を確実に口に出す初めのころの気持ちを長く付き合っていても忘れ去らないことが気を付けるべき点。

恋をしていて夢中なときには大人の判断というものができないのが当たり前である。

反対からいえば、普通どおりに思慮分別というものが力強くできる状態のときは心を込めた恋をぜんぜんしていないサインなのである。

雰囲気不足では女性にデートの誘いができない男の人は“男性性”が不足していると推察できる。

いわゆる“男性性”が足りているならムードがなくても強気で攻められるし、女の方から自分に寄ってくる。

異性を愛する気持ちだけが恋人たちの関係をつないでいる。

与えあう関係だからお互い恋人に、いい加減にはできない。

こういう責任感が二人とも磨くというわけです。

恋をしていて夢中のときは嘘を言うのはできるだけつきたくない。

けれど、相手を思いやるための嘘だって有りうる。

本気だからこそつく小さな嘘は実\xA1
は大切な人を幸せに感じさせることが少なくない。



あさひの恋愛エントリー