について

わがままなことばかり言われそうな「いわゆるギャル系の女性」は男性に敬遠されるのはあたりまえ。

「出かけている最中、自分勝手に振り回されて、疲労する」という悪印象があるからである。

たとえ結婚できようができまいが、相手を愛していられるのが真実の恋。

そのうちに別れはくるかもしれない、それがわかっていても離れることができない。

それこそが真実の愛。

好意のある人に費やしたり(お金、心身的にも時間的にさえも)することで女はそうして投資した相手を好きになる確率が高い。

いやむしろ、否が応でも好きにならざるを得なくなる。

恋人を愛する気持ちがなくなってしまうとオキシトシンという難しい名前の物質が体内で作られ、その効果で体が硬くなる。

好きな人の手を触って今までと違って硬さを感じるようなら相手への愛情がなくなった裏付けかもしれない。

忘れたい過去の恋愛にひきずられるなら、自分の周囲にある高価なものも好きだった人との恋愛を思い出させるようなものは捨てるべし!そうじゃなきゃ売りなさ\xA1
い!これが最低限の鉄則、必ず実行。



いとこの恋愛効果