について

「このごろの若い人たちは望めば何でも手に入れることができるから〜だ」とあちこちで言われる。

そうはいうが、ほしいものは何でも手に入れることができる」というのは大きな見当違いだ。

得難い彼氏あるいは夫や彼女あるいは妻は奇跡的にしか会うことができない。

その息吹に触れたとたんすべてをかけがえのないものに変えてしまう、これこそ素敵な愛の魔力である。

いうなれば、甘い金色の光で黒い邪悪な雨雲さえ金にする輝く星のような魔力みたいだ。

『合コン』や『飲み会』という死語は年寄り臭くて、かっこ悪い。

射止めたい女性をOKと言わせたいなら『お食事会』『イベント』のような言葉を口実にしたほうが、誘われた女性もOKしやすい。

実は「愛しています」の裏側には普通「愛してください」という真実が織り込まれている。

愛の真実は慈しみあうように見せても、現実は奪い合いなのである。

よくわかる例では、遠いところからもっと近づきたい男を声をかけてみて、早足で近づいてきたり、走って近づいてくるようなら、\xA1
近づきたいという気持ちを持ってくれている相手である現実性が大いにあります。



いくおレシピ集