について

恋に夢中なときには思慮分別なんかはできないことがふつうである。

であるとすれば、思慮分別なんが正確にできる状態のときは真実の恋を実行していないはっきりとした証拠。

親どうしも認めている結婚を前提としたお付き合いのようなずっと女性にモテたいのなら、とてもやさしくて、とても賢い、さらに忠実、信頼のおける相手への思いやりもある偉大な父親のような人になりたいものだ。

きっと結婚できないはずがない。

女性から受けたままの質問を聞き返してあげない男性は女性にモテることはない。

女の人というものは相手に尋ねたことを尋ねて貰いたくてその質問を投げかける。

自分の質問は同じことを尋ねてほしいという生き物だ。

実はイケメンは、「すごくチャラそうだよね」「ガールフレンド多いんだろうね」「女の人との出会いいっぱいあるよね」と思われてモテないもの。

多くの女の人の恋の標的から排除されることが多いという現実。

好意を告白して成功させるテクニックとは女をうっとりとさせることが秘訣です。
『臨時収入があったんだよ!支払いは任せて!』と胸を張って言えば、男性のことを“経済的なゆとりがある”と女性は見込むのが当たり前である。



あわか多分最高のものだ